軽さの調節もCカーブカットで☆

Cカーブカットでは「軽さを出す=すく(すきバサミを入れる)」という考え方ではありません。

すきバサミは切った毛束の10〜30%程の髪を切るハサミです。
切れた所は短くなります。
すきバサミですいて所々短い髪が混ざるとスタイルが崩れ易く再現性も下がります。
私達は毛先のカットラインの違いで軽く見えるか重く見えるかが決まると考えています。
毛束の取り出し方と角度とハサミの入れ方の調節で軽さデザインをし、
パツンとしたラインを作らない様Cカーブでカットをする事で
すきバサミを極力少なくできると考えています。
ブログ画像
STYLIST:SHIZUO